イーサリアム開発者向けイベント「Devcon(デブコン)」の概要について整理してみる。

Devconとは

Devconとは、イーサリアムの開発者によるカンファレンスです。

過去に開催されたDevcon

過去に開催されたDevconについて整理しておきます。

Devcon1

Devcon1の概要は以下の通り。

  • 日程:2015年11月9日〜13日
  • 場所:ギブソンホール(ロンドン)
  • スポンサー:マイクロソフト

Devcon1では、マイクロソフトのAzureにイーサリアムのブロックチェーン技術を採用することが発表されました。

マイクロソフトの金融サービス部門テクノロジー戦略ディレクターのMarley Gray氏は以下のように述べています。

ブロックチェーン・テクノロジーを始めたいと希望されている顧客の皆様に話を伺っている中で、最も頭の痛い問題として挙げられることが多かったのは、ブロックチェーン・テクノロジーは利用を開始するには非常にハードルが高く、また高額すぎる、ということでした。

この頃は、1ETH=100円前後でした。

ちなみに、Devcon1については、以下のイベントレポートが参考になります。

『イーサリアム(Ethereum)』 デベロッパーカンファレンス in ロンドンレポート

Devcon2

Devcon2の概要は以下の通り。

  • 日程:2016年9月19日〜21日
  • 場所:上海
  • スポンサー:サンタンデール

本カンファレンスでは、イーサリアム創設者のヴィタリック・ブテリン氏が開会の挨拶とイーサリアムプロジェクトのプレゼンテーションの他、メトロポリスに関する説明を行いました。

Devcon2では、イーサリアムコミュニティの「Ethercamp」がサンタンデールと協力し、サンタンデールの口座上で不換紙幣をイーサリアムトークンに変換する「CashETH」というプロジェクトを計画していることを発表しました。

カンファレンス終了後には、Ethercampが主催するアフターパーティがあったようです。ConsenSysやEthereum Foundationの方々も参加されていたようです。

Devcon3

Devcon3の概要は以下の通り。

  • 日程:2017年11月1日〜4日
  • 場所:国際コンベンションセンター(メキシコのカンクン)
  • スポンサー:Status / マイクロソフト / Omisego / Zcash / Hyper Ledger

主なスケジュールは以下の通り。

11月1日(水)

  • イーサリアムチームの紹介
  • イーサリアムに関わるプロジェクトに影響を与える規制について
  • イーサリアムブロックチェーンの詳細な説明

11月2日(木)

  • イーサリアムの安全性
  • イーサリアムのプロトコル検証
  • Ethereum Virtual Machine (EVM)について
  • 進化するdevp2p

11月3日(金)

  • イーサリアム公式ウォレットMistのアップデート
  • Remix・Mist・Gethを使用したDappsの開発
  • Python開発者のためのイーサリアム

11月4日(土)

  • ブロックチェーンエコシステム内のプライバシー保護
  • Raiden Networkについて
  • ハードウェアセキュリティによるスマートコントラクトの強化

参考文献

関連記事

  1. イーサリアムの主要なクライアントについて整理してみる。

  2. イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する「プラズマ」とは何か?

  3. イーサリアムが移行予定のPoS(プルーフ・オブ・ステーク/Proof of Stake)とは何か?

  4. ライデン(Raiden)はイーサリアムの「スケーラビリティ問題」を解決するのか?

  5. イーサリアムの大型アップデート「メトロポリス」について整理する。

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。